【稼げない】副業でプログラミングはやめた方がいい6つの理由

副業でプログラミングをしたい人

副業で稼ぎたいと思っているのですが、プログラミングってどうでしょう?未経験でも月に10万円くらい稼げるって本当ですか?

今日はこんな疑問にお答えします。

この記事を読むメリット

  • プログラミングを始めるか判断できる
  • そこそこ厳しい現実を知れる
  • 副業選びで失敗せずに済む

断言しますが、副業としてプログラミングを選ぶのは悪手です。

スキル習得までのハードルが高いうえ、作業時間もそれなりに必要。本業しながらなんて無理ゲーです

そもそも、案件の採用倍率もエグいですからね。初心者の入り込むスキマはありません。

  • でも独学で成功した人もいるし…
  • スクール使えば大丈夫じゃないの?
  • プログラミングがダメならどうすれば?

上記のような疑問を抱えているなら、この記事を読むだけでバシッと解決できます。

リアルな現実をお伝えしつつ、代案としての解決策についても解説しますね。

TSUDA

副業でプログラミングはやめた方がいい6つの理由


まとめると、下記のとおりです。

6つの理由

  1. 独学の難易度が極めて高い
  2. 副業でスクールはコスパ悪し
  3. 案件を受注するのが難しい
  4. 作業時間をガッツリ奪われる
  5. プログラミングは転職ありき
  6. 副業するならストック型一択

それぞれ深掘りします。

①独学の難易度が極めて高い

Progateドットインストールで基礎は身につくものの、実践レベルには程遠い。

一通り学習したあと「…で?」って感じになると思います。あくまで“理解できただけのド素人”です。

案件を受けたものの「何このバグ…」みたいな状況になったことを想像してください。

果たして、自力で解決できますかね?

独学には限界があります。実務レベルに到達するのは、至難の業ですよ。

TSUDA

②副業でスクールはコスパ悪し

良いプログラミングスクールを選べば、実務レベルに到達することは可能です。

とはいえ、副業に数十万円のコストをかけられますか?

案件をこなせるようになれば、スクール代はすぐに回収できるでしょう。ただし、案件をとれる前提の話です。

高い授業料を払ったのに仕事がない…」という状況、マジで最悪。

不確かな要素に大金を費やすのは、リスクが高いと思いますよ。

TSUDA

③案件を受注するのが難しい

SNSでは「未経験から案件とれました!」なんて発信も見かけますが、あんなのごく一部ですからね。

もっと言えば、単発でたまたま1件とれただけ。継続的に稼げる人は、そこからさらに絞られます。

インフルエンサーは「簡単ですよ」みたいに言いますが、んなわけない。

成功している人の意見は輝いて見えます。しかしその裏では、リタイアが続出していることもお忘れなく。

TSUDA

④作業時間をガッツリ奪われる

Web制作って、めちゃくちゃ時間がかかります。規模にもよりますが、1案件で4〜5時間かかるのは当たり前。

コーディングだけならまだしも、クライアントとのやり取りなども必要なわけで。

これ、本業の合間にできますか?

睡眠時間を削らないと、たぶん厳しいですよね。そこまで頑張れるなら、エンジニア転職を目指した方がいいと思いますよ。

TSUDA

⑤プログラミングは転職ありき

“副業でプログラミング”は中途半端です。

どうせ手を出すなら本気で。エンジニア転職を目指すくらいじゃないと後悔しますよ。

暗い話ばかりで申し訳ないのですが、あなたにはお金も時間もムダにしてほしくないんです。お許しを。

もしもあなたが「本気でプログラミングを学びたい!」と思っているなら、下記リンクが参考になるはず。頑張って!

TSUDA

プログラミングスクールはどこがいい?転職前提ならこの3つ!

⑥副業するならストック型一択

プログラミングは労働です。働けなくなったら収入もゼロ。

どうせ副業するなら“不労所得”を目指すべき。

理由

  • 生活費は本業で稼げばいい
  • 副業は将来へのリスクヘッジ
  • ダブルワークは消耗するだけ
ボクがプログラミングからブログに切り替えたのも“寝てても稼げる状況”を作りたかったから。
【どっちがいい?】僕がプログラミングをやめてブログ運営にシフトした理由を語る
今は個人でもストックビジネスができる時代です。コスパよく生きていきたい人は、選択を間違えないように。

TSUDA

ストック型の副業おすすめランキング


ここからは「副業でプログラミングはやめときます」「おすすめのストックビジネスは何ですか?」という人向けの内容です。

今始めるならこの4つ

  1. ブログアフィリエイト
  2. YouTube
  3. ストックフォト
  4. 音声メディア

上から順におすすめです。

1位:ブログアフィリエイト

正直なところ、個人で稼ぐならブログがベストです。僕みたいな雑魚サラリーマンにもできたので。

収益化には時間がかかるものの、継続さえできれば結果を出せますからね

【実体験あり】ブログによる不労所得が可能だと断言する5つの理由
稼げるまでは辛いです。とはいえ、徐々にウハウハ気分になってきます。

過去のブログ月収推移

  • 14ヶ月:1万円
  • 16ヶ月:5万円
  • 24ヶ月:8万円
  • 26ヶ月:14万円
会社で嫌なことがあっても「ま、いつでも辞めれるし」みたいな穏やかな心でいられます。副収入、マジで強い。

TSUDA

ブログを始めたいという人は、【超簡単】ブログ初心者にもできるWordPressの始め方【10分で完了】をどうぞ。画像付きで超絶わかりやすく解説中。

2位:YouTube

ユーチューブが稼げる」というのは、もはや小学生でも知っている事実。

とはいえ、最近は雲行きが怪しつなりつつあります。

理由

  • プレイヤーが急増中
  • 芸能人が本格的に参入
一人当たりの試聴時間には限りがあります(1日24時間)。にも関わらず、チャンネル数は増える一方。

今後は割と厳しい戦いになってくるかと。

しかしチャンスはまだ残っています。攻めるなら、ニッチジャンルを選んだ方がいいですね。

TSUDA

3位:ストックフォト

写真の販売です。

インスタに慣れきっている人は「写真なんて売れるの!?」と思うかもですが、需要は割と高いですよ。

代表的なサービス

難易度は高めですが、カメラが趣味の人にはうってつけ。楽しみながら副業できます。

現在の僕はブログ一筋ですが、これ一本で生きていけるようになったら次はフォトストックに挑戦するつもりです。

TSUDA

4位:音声メディア

まだ情報感度が高い人しか気付いていませんが、これから音声メディアが伸びるのは間違いない。

音声市場の拡大予想

YouTubeが始まる前と似ていますね。動画の波に乗れなかった人、チャンスですよ
とはいえ、まだ収益化のスタイルは確立されていません。Voicyを参考にしつつ、商機を伺っておきましょう。

TSUDA

まとめ:プログラミングは転職ありき!


副業としては中途半端。エンジニア転職したい人のみチャレンジしましょう。

マジのガチで本気なら、スクール費用を安くする裏ワザもあります。下記リンクを参考にどうぞ。
プログラミングスクールが高すぎる?安くする裏ワザを教える

個人的にはブログがおすすめです。不労所得こそ正義。

「文章なんて書けるかな?」と不安な人は【有料級】超初心者向けにレビュー記事の書き方を解説【テンプレ配布】をどうぞ。テンプレを使えば余裕です。
ブログの始め方については、下記リンクにて解説しています。サクッとデビューして、副業をスタートさせましょう!

TSUDA

【超簡単】ブログ初心者にもできるWordPressの始め方【10分で完了】

というわけで、今回は以上でーす。またね!