プログラミングスクールが高すぎる?安くする裏ワザを教える

プログラミングスクールが高くて萎えている人

本気でプログラミングを学びたい。でも、スクールって高すぎませんか?安くする裏ワザなんて…ありませんよね?

今日はこんな疑問にお答えします。

この記事を読むメリット

  • スクール代が高い理由が分かる
  • 最大70%オフにする裏技を知れる
  • 人生を変えるチャンスを手にできる

プログラミングスクールもピンキリですが、評判の良いところほど授業料は高い傾向にあります。

さすがに30万円はキツイ…」と心が折れかけるのも無理はない。

ならば独学で!となるのが定番ルートですが、9割は脱落します。実践スキルが身につかないので。

  • だったらどうすりゃいいのよ…
  • 高いお金払って失敗したくない
  • 値切る方法とかないんかよ?

上記のように思っているなら、この記事があなたの武器になります。

人生を前に進める準備はいいですか?

PC一台でバリバリ稼ぐ自分を想像しながら、読み進めてください。

TSUDA

そもそも、なぜプログラミングスクールは高い?


しっかりしたスクールほど、コストをかけているからです。

優秀な講師はコストがかかる

安いスクールだと、実務経験のない講師が平気で在籍しています。

どっちのコストが高い?

  1. 現役バリバリのエンジニア
  2. 最近までド素人だった講師

考えるまでもないですよね。

わざわざ高いお金を払ってスクールに通うのは、実務レベルのスキルを身につけるためです。
それだけの価値を提供するため、講師陣にコストをかけるのは当然。授業料の高さ=信頼性だと思っていい。

TSUDA

高いスクール代を払う価値はあるの?

とはいえ数十万円。簡単に決断できる金額ではありません。

この部分については、手に入るメリットを天秤に掛けるのがいいかと。

30万円払って手に入るもの

  • 一生物のスキル
  • 月30〜50万円の給料
  • 年収1,000万プレイヤーの可能性

例えばTechAcademyのエンジニア転職保証コースだと、12週間で327,800円です。月額コストで考えると11万円ほど。

個人の感覚次第ですが、コスパ良くないですかね?少なくとも、エンジニア転職すれば1ヶ月でペイできるコストです。

ちなみに、転職できなかったら全額返金してくれます。詳しくは、下記リンクからどうぞ。

TSUDA

趣味レベルなら独学でいい

というか、転職ありきで考えないとスクール代の元を取るのは無理です。

今はProgateがありますし、基礎学習だけならそれほどコストはかかりませんからね。

とはいえ“趣味”レベルなら、習得までの労力が高すぎるかと。

過去のボクは、ProgateやYouTubeで1年ほど独学しました。結果、簡単なWebサイトが作れるようになっただけ

コストは安い(Progateは月額980円)ですが、パフォーマンスも低い(案件取れない)です。ぶっちゃけ、これってあんま意味ないですよ。

TSUDA

結論:スクールはエンジニア転職のためにある

この認識で間違いありません。

まずは副業で…」という考えも否定はしませんが、果たして本気になれますか?

そこまでの決意ができないのであれば、Progateドットインストールを試してみるのがいいかと。

中途半端な覚悟でスクールを利用すると、時間もお金も無駄になるだけですよ。

TSUDA

高すぎるスクール代を安くする裏ワザとは?


ここからは「エンジニア転職したい」「でもやっぱ金額がネック」というあなた向けの内容です。

知らない人も多いのですが、プログラミングスクールは“国の補助金対象”なんです。

第四次産業革命スキル習得講座認定制度

いかにも“国っぽい”名称ですよね。別名“Reスキル”とも呼ばれます。

詳しくは経済産業省の公式ページにて確認していただけますが、ややこしいので噛み砕いて説明しますね。

ザックリこんな制度

  • IT人材不足だから補助金出すよ
  • 認定済みのスクールだけ対象だよ
  • 受講料の最大70%を補助するよ
  • 給付金額は最大56万円までだよ
  • 最寄りのハローワークで申請してね

国の認可を受けたプログラミングスクールのみ対象。

要するに「高いけどココなら間違いないよ」「補助するからIT人材として活躍してね」ということですね。

TSUDA

給付金を受けるための条件は?

ハローワークの該当ページにて確認できます。

“専門実践教育訓練給付金について”という部分ですね。以下、抜粋です。

受講開始日現在で雇用保険の支給要件期間が3年以上(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、2年以上(※1))あること、受講開始日時点で被保険者(※2)でない方は、被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内(適用対象期間の延長が行われた場合は最大20年以内)であること、前回の教育訓練給付金受給から今回の受講開始日前までに3年以上(※3)経過していることなど一定の要件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)又は被保険者であった方(離職者)が厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合に支給。

「は?」と思いましたね?怒らないで。落ち着いて。

めちゃくちゃザックリまとめると、

  • 2〜3年会社員やってて在職中の人はOK
  • 離職中なら1年以内に受講してね

みたいな感じです。

いずれにせよ、ハロワには申請する必要があるので、詳しい話は窓口で聞くのがベスト。ひとまず大枠だけでも頭の片隅に。

TSUDA

申請の流れを解説する

スクール受講開始の1ヶ月前から準備することがあります。

それは“訓練前キャリアコンサルティング”を受けること。こちらもハロワで申請です。

こんな流れ

  1. 何はともあれハロワの窓口へ
  2. キャリアコンサルを受ける
  3. スクール受講開始
  4. 受講修了後、証明書をもらう
  5. ハロワに提出

上記が大枠になります。とはいえ、まだ輪郭がボヤけていますよね。

失業保険とかもそうなのですが、結局は窓口での説明が一番わかりやすい。

今は「ハロワに申請して書類を提出すればOKなのね」くらいに思っておきましょう。

プログラミングスクールの無料カウンセリングを受ける際にも「補助金の申請をしようと思っています」と伝えればスムーズです。

TSUDA

最大56万円は神すぎる

ちょっと面倒に思うかもですが、所定の手順を踏むだけで大金が手に入ります。いや、ちょっと語弊がありますね。

スクール代のほとんどが返ってきます。最大70%オフはエグいですよ

繰り返しになりますが、高い授業料の見返りが下記です。

  • 一生物のスキル
  • 月30〜50万円の給料
  • 年収1,000万プレイヤーの可能性

政府の全力サポート付きなんて、至れり尽くせりでは?

この補助金制度、今知ることができたのはラッキーです。いつまで続くか分かりませんので、このチャンスを逃さないように

TSUDA

補助金対象のプログラミングスクール厳選3つ


国のお墨付きというだけでも十分ですが、それに加えて下記の条件で厳選しました。

  • 最短でエンジニア転職できる
  • オンライン学習に完全対応
  • 全額返金保証付き

特に③の全額返金保証が超重要。万が一転職できなかった場合のリスクヘッジです。

補助金対象全額返金保証、これでもう“ノーリスク”と言っていい。

最強の3スクール

この中から選べば失敗しません。それぞれ見ていきましょう。

DMM WEBCAMP COMMIT

最短3ヶ月で未経験からエンジニア転職を目指せます。

正直なところ、迷ったらコレでいい。なぜなら、転職保証以外の保証まで手厚いので。

20日間の無条件返金あり

DMM WEBCAMP COMMITの全額返金保証

無条件で全額返金保証

カリキュラムへの自信が伝わってくる。転職成功率98%の実績が物語っています。

補助金は最大額使えます

最大の56万円割引適応

最大の56万円割引適応

上記のとおり、910,800円が実質350,800円に。

どうせなら最大割引で得したい」という人は、DMM WEBCAMP COMMITで決まりです。下記リンクより、無料カウンセリングを受けてみましょう。

TSUDA

TechAcademy Pro

厳選した3社の中で最も安いです。とにかく出費を抑えたい人向け。

転職保証コースの料金

TechAcademyの料金

TechAcademyの料金

上記のとおり、12週間で327,800円

補助金額を考えると、あまりお得感はないかもしれません。とはいえ、出費が抑えられるのは間違いない。

卒業生のインタビュー記事

こういった生の声を聞くと、未経験からの転職に現実味が湧いてきますね。

TechAcademyの無料カウンセリングでは、現役のエンジニアと個別相談できます。下記リンクからどうぞ。

TSUDA

TECH CAMP

プランによって料金が変動するのですが、

  • 最短コース:657,800円〜
  • 在職者向け:877,800円〜

といった感じです。こちらも補助金を最大活用できるかと。

DMM WEBCAMPよりは短いですが、14日間の無条件返金も付いています。

ダブル保証

TECH CAMPのダブル保証

ダブル保証付き

転職保証の年齢制限が“〜39歳”と、業界最長なのも特徴的です。

30代でエンジニア転職を目指すなら、TECH CAMP一択になるかと。

TSUDA

とにかく公式サイトの解説が分かりやすい。無料カウンセリング含め、下記リンクからどうぞご確認を。

まとめ:高いスクールも補助金で格安受講しよう!


政府のお墨付きスクールを選べば、品質は間違いありません。

中途半端なスクールを選ぶのはNGですよ。同じ“30万円”でも、本来90万円の価値がありますからね。

30万円で得られるもの

  • 一生物のスキル
  • 月30〜50万円の給料
  • 年収1,000万プレイヤーの可能性

「授業料が高すぎる」という理由で諦めるべきではありません。

国の補助で最大70%オフ、転職できなければ全額返金という完璧な布陣です

最強の3スクール

迷ったら上から順に無料カウンセリングを受けていけばOK。 話してみて分かることもありますから。

TSUDA

補助金のある間がチャンスです。後悔しないよう、今すぐ行動しましょう。

というわけで、今回は以上でーす。またね!