プログラミングスクールはどこがいい?転職前提ならこの3つ!

IT転職のためにプログラミングを学びたい会社員

未経験からエンジニア転職したい。おすすめのプログラミングスクールはどれですか?理由も込みで教えてください。

今日はこんな疑問にお答えします。

この記事を読むメリット

  • スクール選びで失敗せずに済む
  • 転職を見据えてスタートできる
  • 予算がない人向けの代案も分かる

プログラミングスクールを選ぶとき、絶対に外してはいけない条件があります。

それは“転職を前提に設計されていること”です。

せっかく高いお金を払っても「趣味レベルで終わりました」では意味がない。

転職サポート・実績ありのスクールを選ばないと、絶対に後悔します

もしもあなたが、

  • スクール選びで失敗するのは嫌だ
  • 完全に納得してから決めたい
  • 本気で人生変えたい

と考えているなら、この記事を読むだけでバシッと解決できます。

他サイトのように「おすすめ10選」なんてテキトーなことは言いません。未経験のエンジニア転職なら、おすすめは3社だけです。

TSUDA

まずはスクール選びの条件から解説していきますね。

転職前提のスクール選びで大切な条件とは?


下記のとおり。

  1. オンライン完全対応
  2. 現役エンジニアが講師
  3. 転職前提のカリキュラム
  4. 無料相談から始められる

すべてを満たしたスクールを選びましょう。

この時代、オンライン完結はマスト

いちいち通ってられません。PC一台、どこでも学べる環境がベスト。

特に働きながら学習するなら、オンライン対応は外せない条件です。

そもそも、これだけテレワークだなんだと変化してきている時代に「学校に通ってください」なんてヤバくないですかね。

オフラインスクールはオワコンです。ここは最低条件だと思っていいですよ。

TSUDA

実務経験ゼロの講師は地雷

個人運営のスクールあるあるなのですが、

  • もともと生徒
  • 卒業後に講師として採用
みたいなパターンが厄介。

だって、実務経験がない人が先生なんですよ?

その程度のスクールにお金を払うのは、さすがに勿体ない。いくら安くても無駄銭です。
講師陣が“現役かどうか”は必ずチェックしましょう。この辺りは大手スクールが安心です。

TSUDA

趣味レベルで終わらせないクオリティ

転職がゴールです。実務に耐えうるスキルが身につかないと意味がない。

ほとんどのスクールは、ザックリとしたカリキュラムが公開されています。転職まで見据えた内容になっているか要チェック。

分かりやすい判断基準は、コース名ですね。

転職保証コース」「エンジニア転職コース」みたいに“転職”の文字が入っていれば、ほぼ問題ないでしょう。

卒業生のレビューが掲載されている場合もあるので、そこも参考にするのがいいかと。

TSUDA

いきなり数十万円払え!は無理ゲー

無料相談、できれば何回か無料体験ができるスクールが望ましいですね。

高い料金を払うのに、即決とかできないですから。
あとは、返金保証もチェックしておくといいかと。自信のあるスクールほど、保証も手厚い傾向にありますので。

TSUDA

というわけで以上、転職前提のスクール選びにおける条件でした。

ガチ勢向けのプログラミングスクール3選


ここからは「条件は分かったけど、スクールをひとつずつ比較していくのはダルすぎる」というあなた向けの内容です。

先ほどの条件、すべてを満たしたスクールは下記の3つ。

おすすめスクールBEST3

それぞれ費用は50万円前後します。ぶっちゃけ高いですが、人生を変えるコストとしては安いかと

エンジニアとして高収入を実現できれば、数ヶ月で元が取れますし。

では、それぞれ深掘りします。

CodeCamp GATE


4ヶ月の短期集中型です。最速で駆け抜けたい人におすすめ。

デメリットとしては、働きながらの学習は割とシンドイという点。ガッツリ時間をとる覚悟が必要です。

逆に言えば、揺らがない意思がある人にとってはベストな環境。マンツーマンサポートなので、サボりたくてもサボれません。

料金

  • 入学金:33,000円
  • 授業料:495,000円

最大36ヶ月の分割払いができますのでご安心を。月額に換算すると15,000円以内に収まります

下記リンクより無料相談できますので、気になる質問はすべてぶつけましょう。

TSUDA

DMM WEBCAMP PRO


そんなガッツリ時間とれねぇ…」という人はこっち。マイペースに進めることができるカリキュラムです。

とはいえ、長期戦になります。モチベーションの維持がキモ。

料金

  • 12週コース:624,800円
  • 16週コース:679,800円

無理のない学習ペース」といえば聞こえは良いですが、自己管理できない人にはキツイかと。

とはいえ、そのやり方が合ってる人もいますからね。ここは個人の好みでしょうか。

あと、ココが重要なのですが、なんと“全額返金保証”がついています。そのあたりを含め、まずは無料相談してみましょう。

TSUDA

CODEGYM ISA


日本初の“出世払い”エンジニア養成校です。

え?なんて?」って感じですよね。分かりやすく説明します。

出世払いとは?

  1. 入学金・授業料0円
  2. 就職に成功したら支払い開始
  3. 給与額面の15%を30回払いする

転職できなかった場合、支払いは一切必要ありません。まさにノーリスク。

とはいえ、希望者が全員入校できるわけではありません。超人気でして、なんと倍率14倍

ちょっと色々よく分からん…」だと思うので、コイツは絶対に無料カウンセリングを受けましょう。下記リンクからどうぞ。

TSUDA

それぞれおすすめな人をまとめる

  • CodeCampGATE
    短期間でガラッと人生を変えたい人向け
  • DMM WEBCAMP PRO
    多忙でもコツコツ頑張っていける人向け
  • CODEGYM ISA
    ノーリスク、ハイリターンを好む人向け

まとめると上記の感じですね。

CODEGYM ISAは、とりあえずプレエントリーだけでもしておくのがいいかと。ダメだった場合は、残りのどちらかですね。
いずれにせよ、それぞれ話を聞いてから判断するべき。納得してからじゃないと、モチベーションも続きませんからね。

TSUDA

完全無料でエンジニア転職したい人へ


ここまでに紹介した3社は、スクールの中でも間違いなくトップクラス。

とはいえ「高いよ…」と思う人も少なくないはず。そんなあなたに第4の選択です。

GEEK JOBなら、入学から就職まで“完全無料”で利用できます。

入学金・授業料が無料の理由

詐欺とかじゃないですよ。就職先の企業からの成功報酬で運営されています。

つまりこういうこと

  1. スクールが生徒を無料で育てる
  2. 提携先の企業へ就職してもらう
  3. 企業からスクールへ報酬が入る
要するに「いい人を紹介してくれてありがとう」というお礼金ですね。それがGEEK JOBの運営資金となっています。
金銭的な負担はゼロです。就職まで完全サポートですから、確実に人生変えていけますよ。

TSUDA

とはいえ、デメリットがあるんでしょ?

就職する企業は、GEEK JOBの提携先から選ぶことになります。

完全に自由なわけではないんです。これが無料の代償

とはいえ、現時点で目星をつけてる企業とかあります?まだそんな段階じゃないですよね?
選択肢は狭まるものの、候補は500社以上あります。それほど気になるデメリットではないかと。

TSUDA

GEEK JOBはこんな人向け

  • やる気はあるけどお金がない
  • 就職先にこだわりはない
  • とにかく無料がいい
上記に当てはまる人は、GEEK JOBがおすすめです。

公式サイトを見れば分かりますが、転職成功率がダントツですからね。IT未経験者が選ぶなら、コレで間違いありません

まずは無料カウンセリングから始めましょう。下記リンクからどうぞ。

TSUDA

まとめ:エンジニアとしての未来は買える


ザックリ50万円です。決して安い金額ではありません。

しかし得られるものの大きさを考えると、費用対効果は絶大かと。

エンジニア転職で得られるもの

  • 高収入な仕事
  • 一生物のスキル
  • 今とは違う人生

想像してください。PCひとつでバリバリ働く自分の姿を

将来は独立して、ノマド的な働き方をしているかもしれませんね。

おすすめのプログラミングスクール3つ

  • CodeCampGATE
    短期間でガラッと人生を変えたい人向け
  • DMM WEBCAMP PRO
    多忙でもコツコツ頑張っていける人向け
  • CODEGYM ISA
    ノーリスク、ハイリターンを好む人向け
どうしても資金が捻出できない人は、GEEK JOBを選べば解決です。新しいチャレンジ、ワクワクしますね!

TSUDA

というわけで、今回は以上でーす。またね!