【本質】副業に向き不向きは存在しない!やらなきゃ稼げない話

副業を始めたい会社員

会社の給料だけじゃ将来が不安…。副業に興味があるけど、向き不向きがありそう。自分は副業するのに向いているんだろうか?

今日はこんな疑問にお答えします。

この記事を読むメリット

  • 副業は誰でも稼げると理解できる
  • 副業をする上で大切な事も分かる
  • 会社に縛られる人生が変わり始める

結論、副業するのに向き不向きは存在しません。やるか、やらないかの2択です。

月に100万円稼ぎたい!というなら話は別ですが、5万円〜10万円なら誰にでもチャンスはあります。

事実、ボクは2年前から副業ブログに取り組んでいるのですが、今では月収8万円です。

とはいえ、今のあなたは「いや、たぶん自分には才能がないから無理だ」と思っていますよね?

この記事を読めば、

  • 副業で稼ぐって可能なんだ
  • 自分もやればできそう
  • いや、やってやる!

という思考に切り替えられます。

「副業に興味はあるけど自信がない」という人はボクに2分だけ時間をください。

TSUDA

まずは「副業で稼げるのは一部の人だけ」という幻想をぶち壊します。

副業で稼いでいる人のイメージ

たぶん、ほとんどの人は下記のような印象を抱いでいるはず。

こんな人が稼げるんでしょ?

  • 才能がある
  • 頭がいい
  • 仕事ができる
果たして、これは本当でしょうか?

ボクの体験談を交えつつ、ちょっと論破してみますね。

副業するのに才能は必要ない!

物事には努力だけで到達できるレベル才能が必要な領域が存在します。

「部活のレギュラーになる」は前者です。「全国大会優勝」は際どいところですが、ギリ前者に入るかなという感じ。

しかしながら、「オリンピックで金メダル」は間違いなく後者。才能が必要な領域です。

副業に置き換えてみる

  • 月収5,000円:努力だけでOK
  • 50,000円:努力だけでOK
  • 100,000円:努力だけでギリOK
  • 100,000円〜:多少の才能も必要
  • 1,000,000円〜:才能が必須

あなたはどこを目指したいですか?

「月に5万円くらい稼げればいいな」「頑張って10万円を目指したい!」という人は、努力で何とかなるレベルです。

時間はかかるかもですが、本気で取り組めば達成できますよ。

僕の場合、1年2ヶ月で1万円稼げるようになりました。さらにその2ヶ月後には5万円を突破。今では8万円と、順調に伸びています。

TSUDA

副業に頭の良さは関係ない!

賢い人がネットで稼ぎやすいのは否定しません。が、そういう人たちがノウハウを発信してくれているわけで。

ボクら凡人は、そのやり方をマネすればいいんです。これって、頭の良さは関係ないですよね。

今はググれば何でも分かる時代

  • プログラミングのやり方
  • 動画編集をする方法
  • ブログの始め方

勉強しようと思えば、いくらでも情報が手に入ります。YouTubeとか学習教材の宝庫ですからね

実際、僕がブログを始めたときも、ググってやり方を調べました。副業するのに必要なのは、学ぶ姿勢です。頭の良さは関係なし!

TSUDA

仕事ができるのとネットリテラシーは別

今の時代は【副業で稼ぐ】【ネットで稼ぐ】が主流なわけですが、

  • お金は汗水流して稼ぐもの
  • ネットで稼ぐとか怪しい
  • 詐欺なんじゃないの?

みたいに思っている大人が、予想外に多いです。

ボクが初めて確定申告に行った時の話なんですが、税務署の職員さんに色々と質問したんですよ。

TSUDA

当然ながら知識が豊富で「仕事できる感じだなー」という印象があったのですが、アフィリエイトについて知らなかったんです。

その時の会話

  • ボク:副収入の項目はこういう書き方でいいんでしょうか?
  • 職員:具体的な収入源は何ですか?
  • ボク:アフィリエイトです
  • 職員:アフィ…ん?

本業の能力と、副業で稼ぐ力は別問題です

バリバリ仕事しているあの人より「ネットで稼いでみたい」と思っているあなたのほうが、ネットリテラシーは高いですよ。

TSUDA

副業に向き不向きは存在しません

繰り返しになりますが、これが結論。やるか、やらないかです。

ぶっちゃけ「絶対に稼げる」という保証はありませんが、やらなきゃ100%稼げません。

スタートラインに立ってからが勝負です。そして、世の中の7割くらいは、そこに立とうとすることもなく人生を終えます

ほとんどの人はやる前から諦める

東洋経済ONLINEによると、社会人の7割は学ぶ習慣がないとのこと。

個人的には「9割くらいの大人は学んでなくね?」と思っています。だって、あなたの周りにそういう人います?
副業に興味を持った時点で、あなたはすでに7割の大人に勝ってるんです。これ、大袈裟でもなんでもないですよ。

TSUDA

挑戦を選んだ時点で3割の勝ち組

そして、1年くらい努力を継続できれば、成功できたも同然です。なぜなら、世の中は努力を続けられない人ばかりなので。

例えばブログ運営の場合。総務省が発生しているブログの実態に関する調査研究によると、ブログを始めた人の7割は1年以内に挫折しているそうです。

副業で勝つための法則はシンプル。

まず始める】そして【とにかく継続する】です。

副業に興味があるならやってみよう

ボクも色々と手を出しました。結局、最も自分に合っていたのがブログだったんです。

今からだと動画編集やゲーム配信とかが旬なテーマですかね。
【2021年】会社員におすすめの副業ランキング【ネットで完結】
会社員向けの副業については、上記リンクをご確認ください。大切なのは【まずやってみる】ですよ。

TSUDA

副業ブログによって手に入れたもの

最後に僕の体験談をお話しておきます。

ブログってどうなの?」「実際に稼いだ感想は?」と気になる人向けの内容です。

副業にブログを選んだ理由

下記のとおり。

  • パソコン1台あればできる
  • コストがほぼかからない
  • スキマ時間に取り組める

ブログの月額費用って、だいたい1,000円くらいなんですよ。

初期コストも大したことないので、個人ビジネスとしては手を出しやすいんです。
ブログの初期費用はいくら?ワードプレスの年間維持費も解説する
何より「PC1台あれば、どこでも稼げる」って、カッコよくないですか!?ちょっと憧れちゃったんですよね。

TSUDA

独自のやり方で大失敗した話

ブログ記事の書き方にはセオリーがありまして、それを無視すると【誰にも読まれないゴミ記事】ができあがるんです。

僕は基本をおろそかにしてしまい、100記事近くを無駄にしました…。過去の自分をぶん殴ってやりたい…。

そんな失敗を活かし、同じような初心者を救うべく立ち上げたのが、このTSUDA BLOGです。

もしもあなたがブログを始めたいなら、当ブログ内の記事が役に立ちますよ!

TSUDA

1万円稼ぐまで1年2ヶ月かかった

セオリー通りにやっていたら、もっと時短できていたはずですが…。僕の場合、1万円稼ぐまで1年以上かかりました。

とはいえ、コツを掴んでからはグググッと伸び、1年4ヶ月の時点で5万円に到達。今ではブログ月収8万円です。

この経験からお伝えできるのは「諦めなければ勝てる」ということ。

稼げなかった1年を耐えたからこそ、今があります。時間はかかりますが、ライバルは勝手に挫折していくので、続けていれば勝てますよ。

TSUDA

ブログ運営2年で手に入れたもの

個人で稼ぐスキルと、8万円の不労所得です。

【副業】会社員がブログ運営2年で手に入れた5つのメリット【体験談】

さらに詳しくは上記リンクで語っているので、お時間あればそちらもぜひ。

最近ではブログを見た企業さんから「うちの商品をレビューしてください」と依頼もされるようになりました。

TSUDA

最新のガジェットを無料で提供してもらえたりするので、ブログ運営って本当に楽しいです

副業ブログを始めたい人へ

本気でブログに挑戦してみたいなら、当ブログが全力でサポートします。

とはいえ「楽に稼げる」と思っているなら、やめておいたほうがいいです。ほぼ間違いなく挫折するので。

こんな人向け

  • 1年間は稼げないことを覚悟できる
  • 基本通りのやり方を守れる
  • コツコツと作業を続けられる
実際に手を動かせる人なら大丈夫。覚悟を決めた人は、下記のガイドマップをどうぞ。
【無料公開】初心者がブログ月収1万円を稼ぐための完全ガイドマップ
手順に従って作業を進めれば、月収1万円までの最短ルートを進めますよ。

TSUDA

まとめ:副業に興味があるならやってみよう

個人でお金を稼ぐって、冷静に考えてめちゃくちゃ凄いことです。

たぶんですが、あなたの周りに、そういう人はいないんじゃないですかね。副業で稼ぐようになれば、それだけでレア人材です。

もしもあなたが、

  • 本業の収入だけでは不安
  • 将来に備えて副収入が欲しい
  • ちょっと贅沢な生活をしてみたい

というふうに思っているなら、今日から副業を始めましょう。

今では稼げるようになった僕も、2年前はノースキルでした。コツコツ続ければ、絶対に成功できます。

ブログを始めたいなら、下記リンクを参考にどうぞ。どんな初心者で迷わないように、わかりやすく解説しています。

TSUDA

【超簡単】ブログ初心者にもできるWordPressの始め方【10分で完了】

というわけで、今回は以上でーす。