単身赴任してまで働くのはクレイジー!嫌なら転職すべき3つの理由

単身赴任が嫌で転職したい会社員

数ヶ月後に単身赴任が控えているのですが、憂鬱で仕方ありません。辞めようか迷っているのですが、こんなことで転職するのは情けないでしょうか?

今日はこんなお悩みにお答えします。

この記事を読むメリット

  • 単身赴任すべきではない理由が分かる
  • 会社と家族、どっちが大切か気付ける
  • 今後の人生設計を台無しにせずに済む

結論、単身赴任が嫌なら会社と相談すべき。それでも強制されるなら、転職を考えましょう。

「情けない」なんてとんでもない。立派な退職理由です

そもそも、当たり前のように単身赴任が認められてるのは、日本だけですからね。外国ではあり得ません。

もしもあなたが、

  • 家族と離れるのは寂しい
  • 金銭的な負担が増えるのは無理
  • 子供の成長が見られないなんて嫌だ
と思っているなら、この記事があなたの役に立ちます。

無理して単身赴任すべきではない理由について解説しますね。
記事の後半では家族を不安にさせない転職方法についてもお話しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

TSUDA

そもそも、単身赴任はおかしい


外国人から「日本はクレイジーだ」と言われるのも無理ないですね。

断れない辞令はやる気を奪う

命令されるのと、自ら進んで実行するのとでは、パフォーマンスが天地の差。従業員のやる気を奪って、何がしたいんでしょう?

家族への負担はもちろんのこと、人生設定も大幅に狂います。

ボクの勤務先には、持ち家を売ってまで家族と一緒に転勤した人がいました。さすがに引きましたね…。

副業で独立しようとしているボクとしては、会社に人生を捧げるなんて信じられません。

TSUDA

【どうすりゃいいの?】サラリーマンがオワコンになった3つの理由

米国の単身赴任は希望者のみ

PRESIDENT WOMANによると、米国の単身赴任は挙手制とのこと。

キャリアの選択や、ステップアップとして“自ら希望する”のが米国流です。どう考えても、このやり方が合理的。

働き方改革が叫ばれる中、強制で単身赴任なんてね。時代と逆行していますよ。

広大な国土がある米国ならまだしも、狭い島国で転勤とか効率悪すぎる。短期出張でいいと思いません?

TSUDA

会社の善意である可能性もゼロではない

単身赴任と聞くと“悪!”みたいなイメージがありますよね。ボクもどちらかというとそっち側の感覚。

とはいえ、会社側がステップアップとして捉えている可能性もなくはない。
  • いずれはこのポジションを与えたい
  • そのために経験を積ませておこう
  • 本人にとってプラスになるはず

上記のような考えですね。ありがたい話ではあるものの、押し付けるのは違うかと。

仮に成長させたいのであれば、自ら挙手するように誘導すべき。「嫌だな」と思わせた時点で、会社の責任です

TSUDA

やっぱり、強制の単身赴任は悪ですね。

単身赴任が避けられないなら転職すべき


理由としては下記のとおりです。

3つの理由

  1. 会社よりも家族を大切にすべき
  2. 考慮してくれない会社は辞めて当然
  3. 会社に尽くしたところで見返りはない

ひとつずつ深掘りします。

①会社よりも家族を大切にすべき

何のために働いているんですか?

「キャリアアップが結果として家族のためになる」と言う人もいるかもしれませんが、果たしてそうですかね。

奥さんはどう思ってます?子供は?

単身赴任が嫌だと感じるあなたは、きっと家族を一番に考えているはず。それが普通の感覚です。

大切なものを犠牲にしてまで、会社に人生を捧げてはダメ。守るべきものは、あなたの手で守りましょう。

TSUDA

②考慮してくれない会社は辞めて当然

何も考えずに「ハイ、キミ転勤ね」と言うような会社は即刻辞めるべき。

善意による辞令だとしても、選択を与えてくれないなら「バカな会社」認定です。沈みゆく船からは逃げ出しましょう。

あなたのことを親身になって考えてくれる会社は、他にあります

家族キャリア人生を守るために、行動すべき。今や転職は当たり前の時代。不安かもしれませんが、恐れることはないですよ。

TSUDA

転職未経験こそ危険?同じ会社で働き続ける5つのリスク

③会社に尽くしたところで見返りはない

昇給?いくらべースアップするんですか?

それとも、ポジションが約束されてる?

たぶんですが、納得できるほどの見返りは与えてもらえないはず。だからこそ、悩んでいるわけですよね。
会社なんてそんなものです。なので、ボクは個人で稼ぐことを決めました。今では副業ブログで月10万円稼いでいます。

TSUDA

工場でゆるーく働きつつ、副業に全力な毎日。こういった働き方も、ありではないですかね?

【実体験あり】ブログによる不労所得が可能だと断言する5つの理由

以上、単身赴任が避けられないなら転職すべき3つの理由でした。

家族を不安にさせない転職方法


ここからは「よし、転職する!」と決断したあなた向けの内容です。

家族を不安にさせないためには、最速で次を見つけましょう。そのための方法が下記。
  1. 転職エージェントをフル活用する
  2. 高待遇・未経験OKの工場へ転職

それぞれ深掘りします。

①転職エージェントをフル活用する

最速で転職を決めるなら、プロのサポートが必要です。とはいえ、無料で使えますのでご安心を。

転職エージェントの必要性は?デメリットを知った上で判断すべし
「求人誌で探す」という人はそれでもいいかもしれませんが、良い企業との出会いを逃してしまう可能性も。

転職エージェントには“非公開求人”が集まるからです。

おすすめの転職サービス

過去のボクはdodaを利用したのですが、担当者が優秀で、サクサク話が進みました。迷ったらコレでいいかと。

TSUDA

②高待遇な工場はガッツリ稼げる

現在のボクも工場で働いていまして、待遇はかなり良いです。

コロナ禍でさえ需要はなくなりませんし、むしろ忙しかったですからね。

「工場か…」と二の足を踏む人もいるかもですが、ガッツリ稼げるという点では、ご家族も安心なのでは

高待遇未経験OK正社員スタートの工場求人を探すなら、コウジョウ転職が最強です。

今なら入社祝金が用意されているケースもあります。高需要なだけあり、人気求人はすぐ決まるので、今すぐ登録しましょう。

TSUDA

まとめ:単身赴任なんてしなくていい!


家族を大切にしてください。会社優先の人生なんて、ろくなことがないですよ。

個人的には、副業を始めるのもおすすめ。時間はかかるものの、自分の手で家族を守れるようになります

ボクが目標にしているのは、

  • 大切な人と楽しく生きていく
  • 会社に縛られない自由な暮らし
  • 好きな時、好きな場所に旅行する

という生活。副業で稼げれば、実現できると判断しました。

26ヶ月かかりましたが、今では月収10万円の副収入になっています。目標達成まで、あと少し。

【朗報】超初心者スタートでもブログ月収10万円は達成可能でした!
過去のボクも「ブログで稼ぐなんて、本当に可能なのかよ…」と疑心暗鬼でした。やってみないと分からないものですね。

TSUDA

もしもブログに挑戦してみたいなら【超簡単】ブログ初心者にもできるWordPressの始め方【10分で完了】を参考にどうぞ。どんな初心者でも、迷わずブログデビューできますよ。

というわけで、今回は以上でーす。またね!