【比較】AudibleとAudiobookはどっちがおすすめ?

音声メディア選びに迷っている人

AudibleとAudiobook.jpって何が違うんだろう…。どっちがおすすめですか?選び方のポイントを教えてほしい。

今日はこんな疑問にお答えします。

この記事を読むメリット

  • AudibleとAudiobookの比較ができる
  • どっちを選ぶべきか判断できる
  • 選んだらダメなプランも分かる

結論、まずはどっちも使ってみるのがおすすめです。それぞれ無料体験できるので。

とはいえ、自分で比較するのはちょっとダルイですよね。選ばなかった方の解約も面倒ですし。

もしもあなたが、

  • サクッとどちらかに決めたい
  • 選ぶときのポイントを知りたい
  • 細かい比較に時間をかけたくない

と思っているなら、この記事を読むだけで解決できます。

ボクはサービスの契約には慎重なタイプでして、かなり細かく調べました。今回は、重要なポイントだけをギュッとまとめてお届けします

TSUDA

他サイトで言われている、

  • 再生速度が0.1倍単位で設定できます!
  • 対応端末はiPhoneとかiPadとか…etc
  • 早送り・巻き戻しが10秒単位で動かせます!

みたいなゴミ比較に時間を浪費したくない人は、ボクに2分ほどお時間をください。

AudibleとAudiobookのココは比較しなくていい

どっちかに決める上で、決定打にならないポイントが下記。

  • 対応端末
  • 決済方法
  • 使いやすさ
  • アプリの機能性
  • ナレーターの違い

だいたいどの端末でも使えますし、クレジットカード決済が可能です。

使い勝手に細かな違いはあれど、誤差の範囲。決め手にはなり得ません

ただし、人によっては「上白石萌音の朗読を聞きたい!」みたいな“読み手買い”はあるかもしれません。
ナレーターについては、各公式サイトにて公表されていますのでご確認を。

TSUDA

>>Audibleの該当ページへ
>>Audiobookの該当ページへ

AudibleとAudiobookの決定的な違いは?

料金体系です。それを考慮すると、選択肢は2つだけ。

この2択

Audiobookにも買い切りプランがありますが、これはナシです。深堀りしていきますね。

最有力:Audibleの月額1,500円プラン

ボクが選んだのはコレです。たぶんですが、ほとんどの人が満足できるはず。

毎月1コインがもらえまして、好きな本1冊と交換することが可能です。

Audibleの特徴まとめ

  • 返品・交換が可能
  • 毎月1冊は好きな本を選べる
  • その本は解約してもずっと聴ける
  • ボーナスタイトルが毎月もらえる
  • 無料のポッドキャストは聴き放題

本は指定できませんが、ボーナスタイトルも毎月もらえます。

2021年4月のボーナスタイトル

2021年4月のボーナスタイトル

2021年4月のボーナスタイトル

要するに、1,500円払えば【1コイン+ボーナス1冊】がもらえる感じ。単品購入しない限りは、毎月2冊ずつライブラリが増えていきます。
それだけでなく、無料の聴き放題コンテンツも充実していますよ。このあたりは下記リンクを参考にどうぞ。

TSUDA

オーディブルってお得なの?契約した理由と使った感想

Audiobookなら750円の聴き放題プラン

その名のとおり、聴き放題です。価格はAudibleの半額なので、コストを押さえたい人はコッチ。

Audibleは同じ本を繰り返し聴くのに向いているのに対し、Audiobook.jpは色んな本を聴きたい人向けです。

ただし、下記のようなデメリットがある点に注意。

Audiobook聴き放題のデメリット

  • 月額課金がずっと続く
  • 解約すると全て聴けなくなる
  • フル活用するには時間が足りない
Audibleの場合「とりあえずこの5冊を繰り返し聴こう」と思ったら、しばらく解約しておけばOKです。

一方、Audiobookだとそれが不可能。常に月額課金が必要になります

また、「いろんな本を聴きたい」という需要を満たすには、かなり時間がとられます。フル活用するのは、ちょっとシンドイかもしれません。

TSUDA

Audiobookの買い切りプランはNG

用意されているプランは下記のとおりです。

Audiobookの月額プラン

audiobookの月額プラン

audiobookの月額プラン

  • 550円:610ポイント
  • 1,100円:1.220ポイント
  • 2.200円:2,450ポイント
  • 5,500円:6,500ポイント
  • 11,000円:13,450ポイント
  • 22,000円:28,000ポイント
  • 33,000円:42,000ポイント

1ポイント1円という認識でOKです。高額プランを選ぶほど、ボーナスポイントが多くなる感じですね。

33,000円のプランがお得!」と言われれば否定できないのですが…。しかし、契約する勇気ありますか?

そもそも、こういう“ポイント制度”って、ややこしくて嫌いなんですよ。

返品・交換ができないというデメリットも考慮した結果、ボクはAudibleを選びました。

TSUDA

AudibleとAudiobookの単品価格を比較

全体的にAudiobook.jpの方が安いです。例として、DAIGOの書籍を見てみましょう。

Audibleの単品価格

Audibleは1,750円

Audibleは1,750円

Audiobookの単品価格

Audiobookは1,540円

Audiobookは1,540円

単価で考えると、Audiobookがお得に思えます。が、月に1冊ペースで利用するなら、最低でも2,200円のプランが必要

Audibleが1,500円なので、700円の差額。サブスクでこの差額は大きくないですかね?
毎月ちょっとずつポイントが余るのも気持ち悪いです。個人的には、Audibleの1コイン制がシンプルで使いやすいと思いますよ。

TSUDA

まとめ:Audibleは買い切り!Audiobookは聴き放題で!

ボクはAudibleを選びました。たぶん、ほとんどの人はこっちで満足できると思います。

ただ、人によっては月額1,500円という価格が気になるかも。
その場合は、Audiobook.jpの聴き放題プラン750円がおすすめです。

どちらも無料体験ができるので、まずは試してから決めるのがいいかと。実際に使ってみて分かることも多いですし。

この時点でもまだ迷っているのであれば、ボクを信じて、Audibleを試してみてください。下記リンクを開けば、今すぐ無料体験を始められます

TSUDA

というわけで、今回は以上でーす。またね!