クレジットカードなしでワードプレスブログを始める方法【学生もOK】

クレジットカードなしでブログを始めたい人

ワードプレスでブログを始めたいのですが、サーバーの支払いはクレジットカードが必要みたいで…。やっぱり、クレカを持っていないと無理でしょうか?

今日はこんな疑問にお答えします。

この記事を読むメリット

  • クレカ不要でワードプレスが始められる
  • クレカ以外で支払えるサーバーが分かる
  • 超簡単なワードプレスのスタートガイド付き

結論、クレジットカードがなくてもブログを始めることはできます

なぜなら、クレカ以外の決済方法を用意してくれているサーバー会社もあるからです。
  • クレジットカードの審査が通らない…
  • ネット決済でクレカを使うのは不安…

こういった人でも大丈夫です。あきらめる必要はありませんよ。

この記事を読めば、クレジットカード以外で支払えるサーバー会社について知ることができます

TSUDA

超簡単なワードプレスのスタードガイド付きですので、ぜひ最後までお付き合いください。

クレジットカード以外で支払う場合の注意点

大前提として、下記の2点には気をつけてください。

要注意!

  1. 残高不足だと自動更新されない
  2. 支払いがすぐに反映されない
気を抜くと、せっかく作ったサイトがチリとなって消え失せる可能性があります。

①残高不足だと自動更新されない

クレジットカードなら、設定さえしておけば自動更新してくれます。

しかしながら、

  • 銀行振り込み
  • コンビニ払い
  • プリペイドカード

といった支払い方法だと、残高不足でサーバーの更新ができないリスクがあります。

期限が近付くとメールが届きますが、やっぱり見落としが怖いですからね…。
サーバーの契約では、3ヶ月・6ヶ月・1年など期間を選べます。1年契約とかだと「すっかり忘れてた…」という状況になりがちなので、リマインダーの設定などをお忘れなく!

TSUDA

②支払いがすぐに反映されない

クレカだとすぐに支払いが反映されますが、コンビニ払いや銀行振り込みだとそうはいきません。

数日のタイムラグが発生するので、更新期限ギリギリの支払いは危険です

大切なブログを失わないためにも、時間に余裕を持って支払いをしておきましょう。

クレジットカードなしでワードプレスを始めるなら、以上の2点はしっかりと心に刻んでおいてください。

TSUDA

クレジットカードなしでOK!なサーバー会社まとめ

口コミの悪いサーバー会社は除外しておきました。

おすすめできるのは下記3つなので、この中から選べば問題ないかと。
初心者にとっては「何がどう違うの?」と疑問に思うはずなので、重要なポイントをガッとまとめます。

ConoHa WING

ConoHa WINGのトップページ

ConoHa WINGトップページ

当ブログで採用しているサーバーです。後ほど紹介するワードプレスのスタートガイドでは、このConoHa WINGを使った方法を解説しています。

ConoHa WINGって実際どうなの?口コミを総まとめ

おすすめな理由は上記リンクで解説しているのですが、読むのが面倒な人向けに要約すると、

  • 初期費用が0円で済む
  • ドメイン代が永久に無料
  • ブログの立ち上げが超簡単
  • セキュリティ性能が抜群に高い
  • 優秀なテーマのセット割りがある

みたいな感じです。

ConoHa WINGの月額料金

ConoHa WINGの月額料金

ConoHa WINGの月額料金

最安値はロリポップ!の550円なので「とにかく月額コストを抑えたい!」という人には不向きかもしれません。
ConoHa WINGのウリは“初心者が1ミリも迷わずにワードプレスの開設ができる”という点。他のサーバーだと、設定がわからずに挫折する可能性があるので、不安な人はコレを選んでおけば間違いありません。

TSUDA

支払い方法
  • クレジットカード
  • ConoHaチャージ(コンビニ払い・Amazon Pay・ペイジー・Paypal・Alipay)
  • ConoHaカード(公式サイト or Amazonから事前購入)

エックスサーバー

エックスサーバー

これまでは「初めてのブログならエックスサーバーだよね」と言われるくらい定番でした。実績も圧倒的です。

とはいえ、最近の初心者人気はConoHa WINGに軍配があがっている模様。やはり、設定の簡単さでは勝てません。

ボクが初めて契約したのもエックスサーバーだったのですが、立ち上げ作業で2〜3時間迷いましたからね…。

ConoHaだと10分で終わりました。それくらい違います。

エックスサーバーの月額料金

エックスサーバーの月額料金

エックスサーバーの月額料金

月額はだいたい1,000円くらいですね。
初期費用は3,000円かかります。

初期費用やドメインが無料のキャンペーンをやっていることも多いです。契約する時期によってお得かどうか変わってきますので、公式サイトを要チェック。

TSUDA

支払い方法
  • クレジット決済
  • プリペイドカード
  • コンビニ支払い
  • 銀行振り込み
  • ペイジー

ロリポップ!

ロリポップ!

最安値で選ぶならロリポップ!です。ハイスピードプランを推しているようで(2021年2月時点)、なんと初期費用まで無料になりました。

ロリポップ!の月額料金

ロリポップ!の月額料金

ロリポップ!の月額料金

安さで決めるならコレ一択なのですが、月額550円って安すぎません?

で、イロイロ調べてみたんですが「表示速度が気になる」という口コミが多いんですよ…。公式サイトに導入事例が記載されているのですが、確かに読み込みがラグってる感あるんですよね。
サイトの表示速度は、収益に直結するので、ボクは避けました。とはいえ、最安なのは間違いないので「コストカット重視!」という人には向いています。

TSUDA

支払い方法
  • クレジット決済
  • コンビニ決済
  • 銀行振り込み
  • ゆうちょ振替

超簡単!ワードプレスのスタードガイド

ここからは「サーバーの紹介だけじゃ不安!ワードプレスの開設までガイドして!」という人向けの内容です。

ConoHa WINGにて、クレジットカード以外を使った方法を紹介しますね

ConoHaカードを使ったやり方が最もシンプルです。

ConoHaカードとは?

ConoHaカード
ConoHa WING専用のプリペイドカードです

カード裏面に書かれているコードを入力すれば決済できます。iTunesカードとかアマギフみたいなものですね。

※公式サイト or Amazonで購入が可能です。

購入先リンク

公式で注文すると届くのがちょっと遅いみたいなので、Amazonからの購入がおすすめです。10,000円分買っておけば、12ヶ月契約できます。

※有料テーマも購入する予定があるなら、その金額分も加味しておいたほうがいいです(下記の金額は2021年2月時点のものです)。
SANGO:9,000円
JIN:12,955円


手元に届いたら、いよいよワードプレスの開設です。次へ読み進めてください。

TSUDA

ConoHaカードでワードプレスを開設する手順

画像を見ながら進めていけば、絶対に迷いません。下記リンクを開いて、同じように進めてみてください。

ConoHa WINGの公式サイトへ

WordPressの立ち上げガイド

手順1
申し込み
ConoHa WINGのトップページ
まずはConoHa WINGのトップページから【今すぐお申し込み】をクリックしましょう。
手順2
初めてご利用の方へ入力
ConoHa WINGの申し込み画面
  1. メールアドレスを入力
  2. パスワードを入力
申し込み後の認証メールなどが届くので、普段から使っているメールアドレスを入力しましょう。
手順3
契約プランの選択
ConoHa WINGの契約プラン選択画面
  1. 料金タイプ:WINGパック(独自ドメインが無料なのでコレ一択)
  2. 契約期間:お好みで(おすすめは12ヶ月)
  3. プラン:ベーシックでOK
  4. 初期ドメイン:テキトーな英数字を入力
  5. サーバー名:そのままでOK
契約期間はどれを選んでもOKですが、購入したConoHaカードの金額で収まるように注意しましょう。10,000円分購入した人は、ベーシックプランを12ヶ月契約でOKかと。
初期ドメインは使うことがないので、テキトーに入力しましょう。
メモする必要もありません。
手順4
独自ドメインなどの設定
ConoHa WINGのかんたんセットアップ入力画面
  1. かんたんセットアップ:利用する(面倒な設定を自動処理してくれる)
  2. 作成サイト名:自分のブログ名を決めましょう
  3. 新規ドメイン:サイトのURLを決めましょう
  4. WordPressユーザー名:ログイン時に使用します
  5. WordPressパスワード:ログイン時に使用します
  6. WordPressテーマ:有料テーマを購入しない場合はCocoonにチェック
サイト名とドメイン名は同じにするとスッキリすると思います。当ブログは“TSUDA BLOG”がサイト名で、ドメイン名はtsudablog.orgで取得しました。

④⑤で入力した情報は、WordPressにログインする際に必要になります。忘れないようにメモしておきましょう。

補足
ドメイン名は自由に決めてOKですが、既に使われているドメイン名は取得できません。
例えば、tsudablog.orgは僕が使っているので、エラーが出ます。
語尾の部分は.com.orgなど、どれを選べばいいか迷うと思いますが、SEO的に有利不利はないので自由に決めましょう。
⑥で有料テーマを購入する場合は、ここでチェックしておきましょう。当ブログと同じデザインにしたいなら、SANGOを購入すればOKです。
WordPressテーマのSANGOをおすすめする7つの理由
手順5
お客様情報を入力する
ConoHa WINGのお客様情報入力画面

住所の入力部分がちょっと分かりにくいかもしれませんが、日本語の下はローマ字で入力すればOKです。すべて入力して、次へ進むと下記の画面になります。

ConoHa WINGのSMS認証画面

電話番号を入力して、SMS認証をクリックしましょう。スマホに4桁の認証コードが送られてくるので、表示された画面に入力。
ConoHa WINGの認証コード入力画面

認証コードの入力画面

送信すると、最後の入力項目へ移ります。
もう少しです!
手順6
お支払い(ConoHaカード)
ConoHaカードで支払い

ConoHaカードで支払い

  1. その他タブを選択
  2. コードを入力する
  3. 登録をクリック
最後に画面下の【お申し込み】をクリックすれば完了です!
手順7
これで完了!
WordPressのインストールは自動でやってくれます。

申し込み完了後の画面

ConoHa WING申し込み完了の画面

この画面はスクショして保存しましょう。
ブロガーデビューおめでとうございます!

TSUDA

※超初心者だと「ワードプレスってどう使うの?」と疑問に思うかもなので、ついでにそこまで解説しておきます。
上から2番目の【管理画面】に記載されたURLが必要です。

WordPressのログイン方法

WordPressへのログインは、先ほど表示されたDB情報の【管理画面】URLから行います。

ブラウザにURLをコピペして、ログイン画面にアクセスしましょう。

アクセスできない場合

解決策①:1〜2時間ほど待ってみる

ConoHa WINGの手続きは早いので、たいていは数分で完了します。それでも表示されない場合は、1〜2時間ほど待つか、下記の②をお試しください。

解決策②:ドメイン認証メールを確認する

【重要】[ConoHa]ドメイン情報認証のお願いというタイトルのメールが、ConoHa WINGから届いているはずです。文中に記載されいるURLをクリックすることで認証が完了します。

ConoHaからのドメイン認証メール

ConoHa WINGのドメイン認証メール

上記のとおり、ドメインの認証を完了させれば解決できます。お試しあれ。

WordPressの管理画面

WordPressのログイン画面

WordPressのログイン画面

WordPressの管理画面に、ユーザー名とパスワードを入力すれば、ログインできます。「どれのこと?」という人のために画像を再掲します。

ConoHa WINGのかんたんセットアップ入力画面

上記の④⑤で入力した内容のことです。
ログインできたら、ここからがブログ人生のスタート。
最初は慣れないことだらけだと思いますが、少しずつ自分のブログを作り上げていきましょう!

TSUDA

まとめ:クレジットカードなしでもワードプレスは始められる!

一仕事終えた感がありますが、あなたのブログ人生はここからがスタートです。ワクワクしますね!

最後にちょっとだけボクの体験談をお話すると、1万円稼げるようになるまで1年2ヶ月もかかったんですよ。基礎を疎かにしたのが原因です…。

その失敗を活かし、当ブログ内では“初心者を救済するノウハウ記事”をたくさん用意しています。

例えば

あなたには、ボクと同じミスをしてほしくありません。正しいやり方を学びつつ、最短ルートで稼ぎましょう!

TSUDA

まだ余力がある人は、ワードプレスの初期設定まで終わらせておくのがおすすめです。下記リンクを参考にどうぞ。

WordPressの初期設定で必須の4項目を解説!ConoHaユーザー向け

というわけで、今回は以上でーす。